「12月1日(火曜日)」までにご注文いただきますと、年内までのお届けが可能です。詳しく見る >

総合TOP オンラインストア NOYESショールーム 東京青山ショールーム スタッフブログ

ご満足のいくご対応を目指しています。ここ東京青山ショールームで働く私達スタッフが楽しくおかしくブログを綴っています。

 

カバーの被せ方

こんにちは、暑い日が続きますね。
熱中症には、くれぐれも気を付けて下さい。

さて、今日はクッションカバーの上手な被せ方をご案内。

対象ソファは、NewSugar Hi-back Modernの羽毛仕様。

スクリーンショット 2013-07-19 18.33.56

羽毛の座クッションは、
クッションメンテナンスを怠ってしまうと
座前の縫製ラインが波を打ってしまいやすいので
「キレイに保ちたい。」という方は、ぜひトライして下さい。

▼その①
座クッション

ヌード地の縫製ラインをしっかり把握。
そして、両面の羽毛クッションにしっかり空気を入れてあげると良いです。

▼その②
カバー

ヌード地の縫製ラインとカバーの縫製ラインを
しっかりと揃えてカバーを被せます。

▼ラスト
おわり

左右のクッションのラインをしっかり合わせます。
これで以上です。

何度も立ったり座ったり、
羽毛のメンテナンスのためにクッションを叩いたりすることで
カバーの中でクッション材がズレやすくなってしまうので
たまにカバーを外して、縫製ラインを合わせていただけると
永く美しくソファを使っていただけます。

ぜひ、お試し下さい。

カバーを脱着する時以外にも

コメントをどうぞ




月刊アーカイブ
ページの先頭へ
NOYESショールーム
  • 名古屋本社ショールーム
  • 店内風景
  • 展示ソファ
  • 東京銀座ショールーム
  • 店内風景
  • 展示ソファ
  • 東京青山ショールーム
  • 店内風景
  • 展示ソファ
  • 大阪心斎橋ショールーム
  • 店内風景
  • 展示ソファ
  • 宮城仙台ショールーム
  • 店内風景
  • 展示ソファ
  • 期間限定ショールーム
  • コーディネート予約

関連情報

  • お電話からのご注文・お問い合わせ FreeDial:0120-351-780, OPEN 11:00~19:00, Closed Tuesday
  • メールでのお問い合わせ