NOYES 東京銀座ショールーム 2020年4月24日(金曜日)グランドオープン

総合TOP オンラインストア 誰かに教えたくなる「ソファの世界」 お役立ちコンテンツ ソファマガジン Vol.135

年末にキレイさっぱり ソファ大そうじ大作戦

STEP1 カバーを洗う整える、STEP2 クッション材を干す、STEP3 脚元も綺麗にお掃除

年末年始といえば大掃除の時期!ということで今回のソファマガジンではソファカバーやクッション部材をご自宅でも行えるメンテナンス方法をご案内いたします。普段なかなか忙しくソファまでお掃除が行き届いていないお客様もぜひこの機会にお試しいただき新年をより心地よく迎えていただければ幸いです。

STEP1 カバーを洗う、整える

ソファカバーは3種類の洗い方ができます。

NOYESの取り扱う生地はすべて洗える生地。生地の素材や織り方によって洗い方が異なりますが、正しい洗い方を行うことで汚れも落ちますし、生地の耐久年数も長くなりますのでぜひお試しください。

ご自宅の洗濯機で洗える生地はお手軽にメンテナンスを行えますし、手洗いができる生地も豊富です。ソファのカバーは思う以上に大きなサイズですのですので、やはり汚れににくいお風呂場で行うのがお勧めですね。お風呂の浴槽にぬるま湯(30度~40度ほど)をはり、中性洗剤をお湯の量に対して3%~5%に薄めていただいて手でやさしく揉むようにしますと汚れが落ちやすくなりますよ。強く絞らず弱めに絞り、バスタオルなどの間にはさみ、上から押して水分を取り除いてから干し場所に向かいましょう。ソファカバーは正しくメンテナンスを行うことで永く快適にお使いいただけますのでどうかお試しください。お使いいただいている生地やご検討いただいております生地がどのような洗い方ができるのか、洗い方別にてご案内をしておりますのでご確認いただいたのち、ぜひお試しくださいませ。

フルカバー仕様とハーフカバー仕様

NOYESではフルカバーリング仕様対応のソファは多く、ファブリック生地の場合ですと本体から座・背・ひじクッションカバーをすべて取り外すことができます。一方、ハーフカバー仕様は本体は張り込みにされておりますが、接触頻度が高い背・座・ひじクッションカバーを取り外せます。ソファ本体のカバーの脱着作業は最初のうちは慣れていない分手軽さに欠けますがコツを覚えれば安易にできるようになります。お使いいただく上で発生する汗や皮脂などカバーを洗うことでサッパリいたしますのでぜひ年末大掃除の機会にお試しください。

クッション材を干す

よく晴れた日に陰干しをしてください。

クッション材はよく晴れた日に陰干しをしてください。ソファの座面や背クッションはほぼソファの半分の大きさとなり一枚座面構造のソファ、カウチの座面などはほとんどソファ幅と変わらない大きさとなりますので直射日光が当たらない場所で風通しの良さを考えますと外に干した方が良さそうですね。クッション材も思う以上にスペースを取りますので汚れないようにシートを引きベランダや物置、ご自宅の壁を利用して立てかけたりすることでも効果がございます。

羽毛を使用しているクッション材の場合、陰干しをすることで湿気を取り除くことで羽毛本来のやらかさがより持続します。クッション材が綿やウレタンの部材でも湿気を飛ばすことで心地よくご利用いただけますのでお試しくださいませ。

脚元も綺麗にお掃除

誇りが溜まりやすいソファ下の空き間から

ソファの脚元のほこりや汚れも気になりますよね。 ソファの脚の高さによって利用できるお掃除道具も多種多様です。脚の高さが6cmの場合には一般的なノズル式掃除機と自動掃除機は利用できかねますが、クイックルワイパーが利用できます。10cm以上あれば一般的なノズル式掃除機、自動掃除機(カウチやコーナーセットの場合、ソファとの接合部は通り抜けできかねます)がご利用いただけます。13cmの高さの場合は自動掃除機も問題なく通り抜けできてお掃除が可能です。

13cm以上の脚の高さであれば日頃の生活において汚れやほこりも気がつきやすくお掃除のタイミングもわかりやすいと思います。永くご愛用いただくソファとなりますので利用可能なお掃除器具をお使いいただき快適で豊かなソファライフをお過ごしいただけたらとても嬉しく思います。

ソファ脚の状態をチェックしよう。

NOYESのソファの脚は手で締めるタイプやネジで締めるタイプなど種類もデザインも様々です。永くご利用いただく中で緩むこともございますので、その際にはソファの背もたれ部を床に寝かせる形で設置して脚部を正面に見て平行になるようにしますと取り付け作業が簡単に行えます。その際には床に大きな布やシートをひいてソファ本体背部を設置することで汚れることなく行えます。

メンテナンスに関する関連記事