NOYES 東京銀座ショールーム 2020年6月13日(土曜日)グランドオープン

総合TOP オンラインストア 誰かに教えたくなる「ソファの世界」 参加型コンテンツ カップル・ご夫婦でソファ作り体験 Growオットマンを作ろう! 2019

カップル・ご夫婦でソファ作り体験 Growオットマンを作ろう! 2019




カップル・ご夫婦とソファ職人が一緒になってソファを作り上げる「カップル・ご夫婦でソファ作り体験」 2019年



お互いが支え合いながら作り上げる共同作業

デザインから生産まで一貫して自社国内にて行っているソファ専門店だからこそ、わたしたちができること。実際にソファを作る工程や製作に携わる職人、道具に触れることでソファをもっと身近に感じていただけたらとそんな想いで開催させていただく「カップル・ご夫婦でソファ作り体験!Growオットマンを作ろう」。 製作中には職人がしっかりと完成までサポートいたしますので、ご安心ください。カップル・ご夫婦様で行う共同作業に職人が手取足取り、しっかりとサポートいたしますので、ご安心して思いっきり楽しんでいただけたら嬉しく思います。


世界でひとつだけのオットマンを作ろう



今回のソファ作りは「Grow オットマン」に決定。職人さんが手取足取り、製作をお手伝いいたしますので心配は無用です。世界でたったひとつのオットマンを完成させます。



カップル・ご夫婦イベント






東京青山ショールームレポート


カップル・ご夫婦イベント

 

S様とN様にご参加いただきました。作業の前は少し緊張されている様子でしたが作業が始まると自然と緊張も解れ、笑顔が絶えない様子でした。



カップル・ご夫婦イベント

 

2人でご協力を行いながらオットマンを完成いたしました。N様が制作中にS様が携帯で写真を撮られている姿もありました。タッカーを使用して生地を留める作業や木枠にウレタンを貼り付ける作業などにおいてお互いが支え合いながら最後まで楽しんでイベントに参加いただきました。






 

東京都品川区にお住まいの
D.S & M.N 様



S様、N様にお気に召していただいているNOYESソファはこちら





Vision CL


ゆったりくつろげるハイバック、でも、圧迫感のないすっきりとしたデザイン。そんなお客様の潜在的なニーズをカタチにした、Vision CL。頭まで支える高さと横になれる広さを確保しながら、ひじをなくし、座面部分に緩やかなカーブを付けることにより、軽やかなフォルムに仕上げました。また、くつろぎをより深めるために、上半身を支えるクッションには高級寝具に使用される綿「メモレル」を、座クッションには体圧分散に優れた凹凸のある高密度ウレタンを使用。今までにないくつろぎと洗練のデザインをお楽しみいただけます。






カップル・ご夫婦イベント

 

小学生の息子様もご参加いただきましたK様ご夫妻。オーナー様でいらっしゃいましてつい最近ソファが到着されご利用いただいております。



カップル・ご夫婦イベント

 

ご家族様で協力し合いながらオットマンを制作いただきました。体験中、終始笑顔が絶えない素敵なご家族様でございました。職人が普段使用する道具を実際に使う事により難しさなどをご家族様が体験いただけた事はなによりいい経験につながったのではないかと思います。






 

千葉県八千代市にお住まいの
R.K & A.K 様



K様にご愛用いただいているNOYESのソファはこちら





Decibel Professional


誇張しすぎない、確かな座り心地、何より見た目の美しさが素晴らしい。Decibel Professionalがリビングになくてはならない存在であることは、これまでの数々の実績が物語っています。そしてこれからの未来という時間の流れの中で、ソファに対する普遍的な役割を象徴するに相応しいNOYESの代表的なソファの一つでもあります。「今までこんなソファには出会ったことがありません」「座り心地、デザイン、機能性、耐久性、そして実用性、すべてにおいて満たしてくれた」「リビングにすっととけ込んだ瞬間の喜びは筆舌に尽くしがたい素晴らしい体験」 ダイニングからリビングを見たときの圧迫感が全く無い」「この品質でこの価格は、コストパフォーマンスの面からも非常に高く評価できると思います」「たくさんのソファを見てまわり、ようやく理想どおりのソファにたどり着いた」これらオーナー様から寄せられる数々絶賛の声は今日も増え続けています。 裏切らない品質と満たされる充実感。Decibel Professionalオーナーにしか分からない喜びと感動。ついに、このソファを手にするときが来ました。そう、届いたその時から 「あなた史上最高に、愛され続けるソファ」となるでしょう。