安心していただくために、NOYESが取り組む5つのこと。詳しく見る >

総合TOP オンラインストア オットマン Vision RX オットマン Vision RXへかける想い

Vision RXへ懸けた想い

ローソファ使用時のお部屋の開放感

一番こだわった箇所あるいは部分は?

「より快適な座り心地」を生み出す為、 座クッション表面のウレタンフォームに体圧分散加工を施してあり、 縦横に溝を作る事で、フォームにかかる圧力を受け止め&逃がす作りになっています。 この加工は、ソファと同じ生活空間の中で言うと「マットレス」にも使われる技術です。

ソファとマットレスは、物としては別ですが 生活空間の中での「癒し」を与えられる物としては共通しています。 ソファは本来座る物ですが、「寝てしまいたい位に心地良い」物になってくれると嬉しいです。


Vision RXの製作において特に気を使う作業は?

Vision RXの座クッションは、上から見ると台形になっています。 体圧分散加工をした後、裁断機を用いて台形にカットするのですが、 精密に加工した一つ一つのブロック(これが体重を分散させる役割を持ちます)を、 壊さぬ様に慎重にカットせねばなりません。特に気を使う加工です。


実際にVision RXを座ってみた感想を一言。

Vision RXには、座クッション表面に低反発素材を用いています。 Vision CLに比べ、マイルドな(←ちょっと表現が難しいですが・・・)座り心地でしょうか。


今後の課題もしくは検討項目

質問1にもあった、「快適な座り心地」とは厳密には人それぞれ違うものです。 その違いを出来るだけ無くして、全ての人に心地良いソファを提供する為に 加工のプロとして、様々な技術を応用出来ればと考えています。

体圧分散加工の高密度ウレタン

 



一番こだわった箇所あるいは部分は?

頭部に使われている高機能中綿素材「メモレル」です。 この高機能中綿素材「メモレル」は今までにない感触のマイクロファイバーの綿です。 低反発素材のような感触、そして通気性があります。ふんわり感があり軽いです。体にやさしくフィットする綿といえます。


Vision RXの製作において特に気を使う作業は?

頭部に使われている高機能中綿素材「メモレル」はマイクロファイバーのため、原綿からファイバーにするのに開きにくい(開綿)素材です。 よりソフトな感触を出すためにはこの開綿が重要です。 この開綿がうまくいかないと、ただの綿の塊になってしまいますのでこの開綿には気を使います。


実際に座ってみた感想を一言。

正しくリラックスできる座り心地です。


今後の課題もしくは検討項目

よりソフトな感触とともに、弾力性を出すにはブレンドによる、オリジナルな座り心地の追及も、検討課題と考えます。


高機能中綿素材メモレル

 



一番こだわった箇所あるいは部分は?

Vision RXのデザインの要である本体部分のRをしっかりと出すことです。


Vision RXの製作において特に気を使う作業は?

脚部が斜めに取り付くため強度と耐久性にとても気を使いました。またアーム部分の組み方にも気を使いました。耐久性のある良いソファの木枠になったと思います。


木枠フレーム

 



物作りに関する関連記事

前のページへ戻る
前のページへ戻る
  • お電話からのご注文・お問い合わせ FreeDial:0120-351-780, OPEN 11:00~19:00, Closed Tuesday
  • メールでのお問い合わせ
ページの先頭へ