総合TOP オンラインストア よくあるご質問 ソファ選びについて

よくあるご質問 ショッピングのこと、ソファのことなど、お客様からよくいただいた質問とその回答を掲載しています。

ソファ選びに関するご質問

  • ソファの構造について
  • 回答

    1. 木枠フレームです。
      耐久性や、強度などを考慮にいれて、広く一般的に木枠が骨組みとして用いられています。他には、パイプフレームや、ウレタン材のみというソファもございます。
    2. PPテープと呼ばれている補強材です。木枠の強度を高めるために用いられます。
    3. S字バネです。ソファのクッション性を出すために広く用いられているバネです。
      湾曲しているのはそのためです。
    4. ヘッシャンと呼ばれる補強材です。
      ウレタン接着しやすくするためにも用いられています。
    5. チップウレタンと呼ばれるウレタン材です。
      へたりが少なく、上部のウレタン材のクッション性を支える役目も果たしています。
    6. ウレタン材です。ここのウレタン材の種類によって細かな座り心地や感触を出します。
      背に使われるウレタンと座に使われるウレタンでは微妙に違った仕様を用いることが一般的です。
    7. 樹脂綿と呼ばれるクッション材です。
      薄く張ることによって、座り心地の感触を微妙に調整する働きがあります。
  • ソファの寿命はどのくらい?
  • 回答

    お使い方にもよりますが、一般的に5年~7年といわれております。この数値はご家庭の使用を目安にしておりまして、木枠フレームに関しましては10年以上は耐えうる設計となっておりますが、ソファの各部材の中で一番消耗するのは表面材とクッション材となっております。 表面材に関しましては、革や高級ファブリックは上記の数値以上の耐久年数をメーカーが保証をしているところもございますが、それでもお手入れをこまめに施してあげないと劣化は免れないと考えられております。
    また、クッション材はエステル綿よりも、ファイバークッション材やクリスター綿などのほうが耐久性があり、その上の耐久性となりますとフェザーや、ポケットコイル、モールドウレタン、高密度ウレタン等の組み合わせによる仕様となります。ただし、お手入れを怠ったり、使用年月が長くなればなるほどこれらの耐久消耗材の性能もどうしても低下してしまいます。
    その為、カバーやクッション材の交換等でソファの寿命を延ばしていただけますよう、NOYESでは交換カバーや、交換クッション材をご用意させていただき、お買い上げいただいたソファを末永くご使用いただけるよう努めております。
    また、ご購入後一年以内は保証期間としまして「音鳴り」「ほつれ」等、弊社に責がある場合は無償にて修理をさせていただくサービスも行っており、NOYESではお買い上げ後のお客様と末永くお付き合い出来る体勢作りを一貫して行ってまいりたいと考えております。 いずれにしましてもソファの寿命はお使い方次第で本当に変わってきますので、毎日のメンテナンスが一番寿命を延ばすコツです。

  • 一番耐久性のある構造を教えてください。
  • 回答

    とても難しい質問です。品質の良い物を素材に使ったソファはやはりそれなりに長持ちいたしますが、 ソファは沢山の部材から構成されていますので、例えば木枠フレームよりもスチールフレームの方が耐久性があるか?となりますと甲乙付けがたく、 スチールでも溶接部分が錆びてくることもありますし、木枠でも強い衝撃に耐えられずヒビが入ってしまうこともございます。 かといってあまり質の良くないウレタン材のソファとモールドウレタンなどのソファの耐久性を比べますと明らかに違いが出てきます。
    また座り心地も全然違うものとなります。このようにそれぞれの素材の耐久性を吟味しながら、一番自分にあった座り心地のソファと出会い、 そのソファを長く愛し、耐久性を最大限に引き出してあげることが一番よいことかも知れませんね。

  • 座り心地のいいソファってどんなソファ?
  • 回答

    とても難しい質問ですね。やはり座り心地はお客さま一人一人の好みによって「硬め」「柔らかめ」が変わってくるかと思います。 また、奥行き、背の角度、座面までの高さなど、ソファデザインは「座り心地のよさ」を追求して、そのソファにあった心地よい座り心地を作り上げていきます。
    人間工学的に座面までの高さと座面奥行きを足した数値が900ミリ前後がちょうど座り心地がいいとされています。 その為座面までの高さが低いソファは座面奥行きを深くとり、座面高が高いソファは座面奥行きを浅くするようなデザインとなります。

  • カバーリングのソファはマジックテープですか?
  • 回答

    カバーリングソファの場合、マジックテープとそうでないものがございます。 マジックテープの場合、ソファの底張りにニット地のものを使うことが多く、 マジックテープも高品質のものを使用しておりますので何度かご使用いただいている際にマジックテープがはがれてくるという心配はございません。

  • 部屋を広く魅せたいのですが・・・。
  • 回答

    そうですね。やはりその場合ですとローソファがお勧めです。背の高いソファはどうしてもお部屋に圧迫感を与えてしまいがちですね。 でも、カラーを薄目でお選びになると視覚的に広く感じる事もございます。 また、ソファや棚等は部屋の隅に固めて、視界を遮らないようにするとよいでしょう。

    ロータイプからソファを探す
  • 座面は硬い方が疲れにくいと聞いたのですが。
  • 回答

    そうですね、一概にはそうとは言い切れないですが、 硬い座面のソファよりも、柔らかい座面のソファは姿勢が崩れてきて余分な箇所に負担がかかってしまいますので、 疲れやすくなる場合もございます。ただ、座面に工夫が凝らしてあったりしているソファですと、柔らかくても姿勢が崩れにくいので、さほど疲れるという心配はございません。

  • 羽毛クッションとウレタンクッションの違い。
  • 回答

    まず、素材の違いがあげられます。その素材の違いによってクッション性が変わってまいります。 羽毛クッションはどちらかといいますと、「ふわぁー」とした感触で、ウレタンクッションの場合は、ウレタンの硬さによって変わりますが、 柔らかくても「ふわぁー」とした感触ではなく、「ふわん」とした感触に近いです。言葉ですとなかなか難しいのですが、どちらが優等生?となると、 お客さまの好みによってご判断が別れるところですね。 また、ウレタンクッションとポリエステル綿クッションとでは少し感触が違ってまいりまして、ポリエステル綿クッションは柔らかくも芯のある「ふわぁー」と「ふわん」の真ん中ぐらいの感触となっています。

  • 長く座っていても疲れないソファって?
  • 回答

    一般的にはやや硬めの座り心地が腰に負担をかけないと言われております。ただし、お座りになるときの姿勢など、様々な条件が重なり合いますので、一番良いのはご自分にあった座り心地と出会うことかも知れませんね。

  • インターネットだと座り心地が分からないのですが。
  • 回答

    この課題は私達の宿題です。できる限り詳細な情報を公開して、お客さまの想像力に助けていただきながら、またその想像力を沸き立て得るようなページ作りとサービスを今後も展開してまいりたいと思います。
    もしなにかお気づきの点等ございましたら、なんなりとお気軽にご指摘いただき今後ともご支援の程宜しくお願い申し上げます。
    また、名古屋市と東京青山、大阪心斎橋、宮城仙台にそれぞれ弊社ショールームを設けております。お近くにお越しいただいた際は是非お立ち寄りくださいませ。 スタッフ一同心からお待ち申し上げております。

    ショールームのご案内
  • 実際に部屋に設置した時の大きさって分かりますか?
  • 回答

    NOYESではそれぞれのソファの詳細ページに「新聞紙サイズ」という表記を設けておりまして、ご家庭にございます新聞紙でソファの専有面積がわかるようにさせていただいております。是非ご活用いただければ幸いです。
    また、NOYESソファをお買い上げいただきましたお客様よりお送りいただきました「ソファのあるお部屋のお写真」をホームページにて公開させていただいております。 実際にお部屋にてご使用になっていただいている風景をご覧いただけますのでどうぞご活用くださいませ。

    ソファのある暮らし
  • 張り込み式のソファをカバーリングに変えられるの?
  • 回答

    大変心苦しいのですが、こちらは仕様上どうしても変えることが出来ません。
    まず張り込み式でご製造させていただいたソファの上からカバーを被せますと、 張り込んである生地の表面がこすれて、張り込んである生地だけではなくカバーの生地まで悪影響を及ぼしかねなく、 すぐにボロボロになってしまう恐れがございます。また、張り込み式の木枠フレームとカバーリング式の木枠フレームとでは構造に違いがございまして、 以上の理由からどうしても変えることが出来ないのが実情となっております。

  • 人気のあるソファを教えてください。
  • 回答

    NOYESでは「NewSugarシリーズ」、「Decibelシリーズ」が特にお客様にお選びいただけることが多いです。詳しくはお問い合わせください。

  • 後々ソファの張り替えはしていただけますか?
  • 回答

    はい。ご対応させていただいております。NOYESでは末永くソファをお使いいただくためにアフターフォローもしっかりとご対応させていただいておりますので、ご安心くださいませ。
    詳しくは、修理・張り替えのページをご覧ください。

  • 座面が低いソファと高いソファは座り心地が違う?
  • 回答

    座り心地は座面までの高さ、背の角度、座及び背のクッション性などなど、全てのバランスによって変わってまいります。NOYESではそのソファにあった最適な座り心地を目指し全てのソファを開発してございますので、座面の高低差で座り心地が悪くならないよう心地いいソファ作りを目指しております。

  • 掲載している画像以外にも見たい画像があるのですが。
  • 回答

    NOYESでは、実際に座っている時の写真や、様々な角度の写真など、できるだけ多くの画像を掲載させていただきますよう心がけております。ホームページに掲載させていただいております写真以外でご要望の画像等(アングル)ございましたら、できる限りお応えさせていただきますので、リクエストをお気軽にご連絡くださいませ。
    また、お客様よりお送りいただきましたお写真もこちらのページにて掲載させていただいておりますので、実際にお部屋に置かれた際などのイメージがとても分かりやすくご覧いただくことが出来ます。

  • 医院を開業するにあたってソファを探してます。
  • 回答

    医院や美容室、カフェなどでソファをご使用の場合は、ホームでのご使用と違い使用頻度が多いため、ホームでは程よい柔らかさのソファでも柔らかすぎたりしてしまったり、脚の仕様を変更しなければならないソファ等もございますので、お気軽にご相談いただけましたら、用途に合わせた仕様のアドバイスや、空間のコーディネートなどお手伝いさせていただきます。

  • ソファと一緒に写っているテーブルが欲しい。
  • 回答

    NOYESはソファ専門店となっておりますので、NOYESからお売りすることはできませんが、お気に召したテーブルなどございましたら、お店様をご紹介させていただきますので、お気軽にご連絡くださいませ。

  • カウチソファセットのカウチだけ売ってくれますか?
  • 回答

    はい。どのような形態でもご販売可能ですので、お気軽にお問い合せくださいませ。

  • 新ソファ情報や更新情報を知りたいのですが。
  • 回答

    NOYESでは、毎週金曜日に「メルマガ」を発行しております。こちらにてお得な情報や、最新情報、新ソファ情報などお知らせ致しておりますので、是非ご活用くださいませ。メルマガ購読はこちらからどうぞ。

    NOYESメルマガ

    また、お手軽に最新情報をご覧いただいたり、無料生地&無料カタログを簡単にお申し込みをいただくことの出来ますモバイルサイトもございますので、メルマガと同じくこちらも、是非ご活用くださいませ。http://www.ny-k.co.jp/sp/

  • 床を傷付けないように脚の裏に保護シートを貼ってもいいですか?
  • 回答

    木脚製品をお選びのお客様にはサービスで床を傷付けない保護シートをご用意しています。お届け時に配送員にて貼らせていただいております。