安心していただくために、NOYESが取り組む5つのこと。詳しく見る >

オンラインストア 3人掛けソファ Cervo X5 3人掛け 細い脚がお洒落のアイコンに。

おしゃれな脚

細い脚がお洒落のアイコンに。強度も◎

Cervo X5 Point

細く繊細なデザイン

Cervo X5の脚は細くとても繊細なデザインです。前脚は正面から見た時のデザインが特長的になるようスッと横に伸びた木台輪をあしらっています。この細やかな脚のこだわりがあるからこそ、完成度が高いソファとなっています。また搬入をよりしやすくするように木脚は前後ともに脱着可能になっております。特に後ろ脚はこれまでにない全く新しい脚設計を行いました。芯材には硬いスチール材を使いその周りを木で覆う仕様を考え出し洗練された強度も問題ないという脚が完成しました。Cervo X5のグランドデザインはまさにこの脚から始まり、それは唯一無二の発想と技術によって完成したのです。

フローリングを傷めない耐荷重検査に合格

Cervo X5はCervo X4同様にをフローリングの上に直接置いた時に一般的な(無垢材を含む)フローリングを傷めることがないかの耐荷重検査を行った脚部を使用しております。下部の画像はCervo X4の試験結果となっており、5種類の一般的な(無垢材を含む)フローリング材の上に置き試験を行ったところいずれも異常が見つからないという結果をいただいております。
※注 フローリング材により、また加重のかかり方によりフローリングを傷めることがございますので詳細はフローリングメーカーへお問い合わせくださいませ。

試験項目 試験方法 試験結果
座面の耐衝撃性試験 座面の耐衝撃性試験Cervo X5の下にフローリング材を設置。座面の上に規定の発泡体を置き、負荷位置決めジグで決まる座面負荷位置に、高さ180mmから座面衝撃体(直径200mm、質量25kg)を繰り返し10回自由落下させ、フローリング材の表面の凹み等がないかを確認する。 Cervo X5の下にフローリング材を設置。座面に質量200kgの重りを均等に裁可し、24時間放置後フローリング材の表面の凹み等がないか確認する。
耐荷重 フローリングNO1〜NO5まで以上を認めず。 フローリングNO1〜NO5まで以上を認めず。

脚に関する関連記事

前のページへ戻る